スパニッシュアイリス [Index] [Back]

Iris xiphium

Iris xiphium

Iris xiphium

スペインやポルトガル、フランス南西部それにイタリア南部に分布しています。スパニッシュはまた、小さな球根アイリスとして知られます。高さは80センチ以上になります。灰緑色の葉は線形で秋に伸び、花が萎れた後には枯れます。5月から6月ごろ、青色やふじ色、白色、黄色の花を咲かせます。よく知られた交配種に、ダッチアイリスがあります。 
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris xiphium。
英名は Spanish iris。 
Spanish iris (Iris xiphium) belongs to the Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native to Spain, Portugal, southwestern France and southern Italy. It is also known as a small bulbous iris. This iris can reach up to 80 cm in height. The grayish-green leaves are linear, emarge in fall and die after the flowers fade. The blue, violet, white or yellow flowers are around 6 cm across, and bloom in May and June. A popular hybrid (Iris tingitana × Iris xiphium) is known as Dutch iris. 
[上] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年01月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中・下] 同上にて、2016年02月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp