スペアミント (緑薄荷)

Mentha spicata

Mentha spicata

Mentha spicata

Mentha spicata

Mentha spicata

Mentha spicata

ヨーロッパの中部から地中海沿岸が原産です。葉や茎は、ミントのなかではもっとも大きく、高さは60センチほどになり、ランナーをのばして広がります。6月から8月ごろ、茎の先に穂状花序をだし、淡いピンク色の花を咲かせます。マイルドな清涼感とほのかな甘みがあり、ミントティーや料理用ハーブとして利用されます。和名では「みどりはっか(緑薄荷)」と呼ばれます。 
シソ科ハッカ属の多年草で、学名は Mentha spicata。
英名は Spearmint。 
Spearmint (Mentha spicata) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native from central Europe to the coastal areas of Mediterranean Sea. This herb has largest leaves and stems in relative of mints. It can reach about 60 cm in height and spreads by elongated runners. The spikes are borne and bloom pale pink flowers from June to August. The leaves have mild refreshing aroma and sweetish taste. They are used as a herbal tea or a kitchen herb. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[中2] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中3] 千葉県香取市大角にて、2016年04月21日撮影。
[中4・下] 同上にて、2016年07月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp