スペルグラリア・プルプレア [Index] [Back]

Spergularia purpurea

Spergularia purpurea

Spergularia purpurea

地中海沿岸のスペインからポルトガル、モロッコに分布しています。塩分のない砂地や荒れ地などに生え、高さは10〜25センチになります。葉は線形で多肉質ではなく、根生してロゼットほ形成します。晩春から夏にかけて、緩やかな集散花序に、紅紫色の花を咲かせます。花には、10個またはそれより少ない黄色の葯がついた雄しべと、3個の柱頭があります。果実は刮ハです。 
ナデシコ科スペルグラリア属の一年草または二年草で、学名は Spergularia purpurea。英名は Purple spurry。 
Purple spurry (Spergularia purpurea) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is an annual or biennial herb that is native to the Mediterranean; Spain, Portugal and Morocco. This herb grows in non-saline sandy, waste places, and it can reach 10-25 cm in height. The leaves are linear, not fleshy, and basal in rosette. The rose-purple flowers bloom in slack cymes in late spring and summer. The flower has ten or fewer stamens with yellow anthers and three styles. The fruit is a capsule. 
ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年02月11日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp