スファエラルケア・アンビグア [Index] [Back]

Sphaeralcea ambigua

Sphaeralcea ambigua

Sphaeralcea ambigua

Sphaeralcea ambigua

アメリカの南西部、カリフォルニア州やネバダ州、ユタ州、アリゾナ州それにメキシコの北西部に分布しています。クレオソートブッシュの潅木帯や砂漠のシャパラルに生え、高さは90センチほどになります。葉は両面が白色の毛で毛羽立ち、浅裂して掌状に葉脈があり、長い茎の上に生えます。花はボール形で5弁があり、色は杏色から橙色で、春に咲きます。果実は褐色の刮ハで、なかに多くの種子があります。
アオイ科スファエラルケア属の小低木で、学名は Sphaeralcea ambigua。英名は Desert globemallow。
Desert globemallow (Sphaeralcea ambigua) belongs to the family Malvaceae (the Mallow family). It is a perennial shrub that is native to California, Nevada, Utah, Arizona in the southwest United States, and northwest Mexico. This shrub grows in creosote bush scrub and desert chaparral, and it can reach about 90 cm in height. The leaves are fuzzy with white hairs on both sides, lobed, palmately veined, and on long stems. The flowers are bowl-shaped, 5-petaled, apricot to orange in color, and bloom in the spring. The fruits are brown capsules containing numerous seeds.
[上・中1] アメリカ・ネバダ州ラスベガス市にて、
2009年01月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2012年11月02日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp