スフィロスペルムム・コルディフォリウム

Sphyrospermum cordifolium

Sphyrospermum cordifolium

Sphyrospermum cordifolium

スフィロスペルムム属は、メキシコ南部から南アメリカのボリビアにか
けて、およそ21種があります。着生植物で、熱帯雨林の低地から高
地まで分布しています。このコルディフォリウム種は、コロンビアが原
産です。葉は小さくて葉脈が目立たず、白い釣鐘形の花を下垂して
咲かせます。
ツツジ科スフィロスペルムム属の常緑小低木で、学名は
Sphyrospermum cordifolium。英名はありません。
Sphyrospermum genus belongs to Ericaceae (Heath family). This genus has
about 21 species and distributed from southern Mexico to Bolivia, South
America. It is an evergreen shrub, epiphyte and occurs in lowland to high
montane of rainforests. Sphyrospermum cordifolium is native to Colombia.
Laeves are small with inconspicuous veins, and white bell-shaped flowers
are drooping down.
[上・中] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2006年12月21日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年01月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp