スプリットコロナすいせん (水仙) [Index] [Back]

Narcissus cv. Chanterelle

Narcissus cv. Chanterelle

Narcissus cv. Chanterelle

Narcissus cv. Orangery

Narcissus cv. Changing Colors

園芸品種で、高さは30〜45センチになり、春に咲きます。副花冠は分裂し、少なくとも長さの半分は裂けています。そのため、花は「ハイビスカス」に似ています。これらの品種はさらに2つの形に分けられます。「カラーすいせん(Collar daffodil)」と「パピヨンすいせん(Papillon daffodil)」です。
写真は上から中2が「シャンテレレ(cv. Chanterelle)」、
中3は「オレンジェリー(cv. Orangery)」、
そして下が「チェンジングカラー(cv. Changing Colors)」。
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus cv.。
英名は Split corona daffodil。
Split corona daffodil belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is garden origin. This herb can reach 30-45 cm in height and bloom in mid spring. The corona is split for at least one-half its length. As a result, the flowers look like a Hibiscus. These daffodils are further divided into two forms, Collar daffodils and Papillon daffodils.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中2〜3・下] 千葉県香取市大角にて、2008年04月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp