スポロボルス・ウィルギニクス [Index] [Back]

Sporobolus virginicus

Sporobolus virginicus

熱帯アフリカやインド、スリランカ、オーストラリアそれにアメリカに分布しています。広がる叢生草本で、海岸沿いに生え、高さは15〜45センチになります。葉は披針形で、先端は棘のように尖ります。一年中、光沢のある灰色がかった、または黄褐色の小穂をつけます。
イネ科ネズミノオ属の多年草で、学名は Sporobolus virginicus。
英名は Seashore dropseed。
Seashore dropseed (Sporobolus virginicus) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to tropical Africa, India, Sri Lanka, Australia and the United States. This grass is spreading tussock grass, grows along coasts, and it can reach 15-45 cm in height. The leaves are lanceolate with spine-tipped. The glossy grayish or yellowish brown spikelets appear year round.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp