スタキス・アルピナ [Index] [Back]

Stachys alpina

Stachys alpina

Stachys alpina

Stachys alpina

ヨーロッパ中部から南部に分布しています。標高600〜2000メートルにある石灰岩地の林内湿地や明るい潅木帯に生え、高さは40〜80センチになります。全体に柔らかな毛に被われています。葉は卵形で鋸歯があります。6月から8月ごろ、輪生状の花序をだし、ピンク色がかった赤色の花を咲かせます。花冠には黄色い目のような斑紋があります。
シソ科イヌゴマ属の多年草で、学名は Stachys alpina。
英名は Limestone woundwort。
Limestone woundwort belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb that is native to central and southern Europe. This herb occurs in calcareous woodland glades or open scrugs 600-2000m elevation and can reach 40-80 cm in height. The plant is covered with soft hairs. The leaves are ovate with serrated edges. The whorled clusters are born and bloom pinky-red flowers that have a yellow eye from June to August.
スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp