スタペリア・グランディフローラ [Index] [Back]

Stapelia grandiflora

Stapelia grandiflora

Stapelia grandiflora

南アフリカの北ケープ州や東ケープ州、フリーステイト州に分布しています。サボテンとは全く関係ありませんが、丈夫な這性のあるサボテンに似た植物です。高さは9〜10センチになり、大きな群生を形成して、直径は50センチ以上になります。茎には4稜があり、葉は短命で未発達です。花は大きく平たい星形で、濃赤色から茶褐色をしています。花は夏の終わりから秋に咲き、死んだ動物の腐肉の臭いがあります。この臭いはハエを惹きつけて、花の上に産卵させます。
ガガイモ科スタペリア属の常緑多年草で、学名は Stapelia grandiflora。英名は Carrion flower、Starfish flower。
Carrion flower (Stapelia grandiflora) belongs to the Asclepiadaceae family (the Milkweed family). It is an evergreen herb that is native to South Africa; Northern cape, Eastern Cape and Free State. This herb is tufted creeping and cactus-like plant, although it is not related to cacti at all. It can reach 9-10 cm in height and forms large clusters up to 50 cm in diameter. The stems are quadrangular and the leaves are short lived and rudimentary. The flowers are large, flat, star fish-shaped, dark-red to chocolate. They appear from late summer to fall. The flowers smell the carrion of a dead animal, and attract flies which may lay eggs on them.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp