ステノカクツス・クリスパツス [Index] [Back]

Stenocactus crispatus

メキシコ中部のイダルゴ州やケレタロ州、ベラクルス州、メヒコ州、オアハカ州それにプエブラ州に分布しています。単独に生える植物で、乾燥した「ピニヨンまつ」と「ジュニパー」の明るい森林地帯に生えます。茎は球形または倒卵形で、いくぶん先端がくぼみ、青みがかった緑色や濃いマットグリーン、または濃いオリーブグリーン、高さは20センチ、幅は10センチほどになります。30〜60個の肋があります。それぞれの肋に、中刺が1〜3個、ふつうは4〜6個の平たく白色から褐色がかった縁刺があります。花は淡いピンク色で中肋に紫色があり、長さ4センチほどの漏斗型で、晩春から夏に咲きます。果実は倒卵形で、赤み灰色がかかり、成熟すると乾燥します。 
サボテン科ステノカクツス属の球形サボテンで、学名は Stenocactus crispatus(syn. Echinofossulocactus crispatus)。英名は Brain cactus。 
Brain cactus (Stenocactus crispatus) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a spherical cactus that is distributed to Hidalgo, Queretaro, Veracruzm, Mexico, Oaxaca and Puebla, central Mexico. It is a solitary plant and grows in xerophile open pinyon-juniper woodland. The stem is globose or obovoid, somewhat depressed at apex, bluish-green, dark matt green or dark olive-green, up to 20 cm tall, 10 cm wide. It has from 30-60 ribs. It has 1-3 areoles in each ribs and usually 4-6 flattened, whitish to brownish radial spines. The flowers are pale pink with a purplish midrib, up to 4 cm long, funnel-shaped, and bloom in late spring to summer. The fruits are obovoid reddish to graysh, dry at maturity. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp