ステノカルプス・シヌアツス

Stenocarpus sinuatus

Stenocarpus sinuatus

オーストラリアの北東部、ニューサウスウェールズ州北東部からクイ
ーンズランド州東部それにパプアニューギニアに分布しています。海
岸近くの雨林のなかに生え、高さは6〜9メートルになります。樹皮は
黄褐色から淡褐色で滑らかです。葉は円形から楕円形で、羽状に深
裂します。夏から秋にかけて、葉腋から車輪のスポークのような散形
花序をだし、小さな橙赤色の花を咲かせます。果実は楕円形の莢果
で、裂開し暗褐色に熟します。
ヤマモガシ科ステノカルプス属の常緑小高木で、学名は Stenocarpus
sinuatus。英名は Fire wheel tree。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp