スティフティア・クリサンタ

Stifftia chrysantha

Stifftia chrysantha

Stifftia chrysantha

Stifftia chrysantha

ブラジルが原産です。高さは1.8メートルくらいになります。葉は長
楕円形で互生し、全縁です。春に直径5センチほどの橙黄色の頭花
を咲かせます。パフ状の多くの雌しべが目立ちます。詳細な情報は
見あたりません。
キク科スティフティア属の常緑小低木で、学名は Stifftia chrysantha。
英名はありません。
Stifftia chrysantha belongs to Asteraceae (Aster family). It is an evergreen
shrub that can reach about 1.8 m in height, native to Brazil. Leaves are
oblong, alternate and entire. In spring, orange-yellow flowers 5 cm across
are seen. They have many puff-like pistils. We cannot get in-depth
information.
[上・中1] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年01月20日撮影。
[中2・下] 同上にて、2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp