スティグマフィロン・キリアツム (蔓金虎の尾)

Stigmaphyllon ciliatum

Stigmaphyllon ciliatum

Stigmaphyllon ciliatum

Stigmaphyllon ciliatum

熱帯アメリカに分布しています。蔓性で他の樹木などに絡みつき、長
さは4.5〜6メートルになります。葉は心形で光沢があり、縁には棘
状の鋸歯があります。ふつうは鮮やかな緑色ですが、日差しが強す
ぎると青銅色に変わります。夏から秋にかけて、葉腋に散形花序を
だし、「サルスベリ」に似た小さな黄色い花を咲かせます。和名では
「ツルキントラノオ(蔓金虎の尾)」と呼ばれます。
キントラノオ科スティグマフィロン属の蔓性常緑低木で、学名は
Stigmaphyllon ciliatum。英名は Butterfly vine, Orchid vine, Golden vine。
[上・中1・下] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月03日撮影。
[中2] 同上にて、2005年08月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp