ストケシア (瑠璃菊)

Stokesia laevis

Stokesia laevis

Stokesia laevis

Stokesia laevis

Stokesia laevis

Stokesia laevis

アメリカの南東部、サウスカロライナ州からフロリダ州北部、ルイジア
ナ州が原産です。わが国へは、大正時代の初めに渡来しました。一
属一種です。6月から9月ごろ、分枝した茎の先に「アスター」を大きく
したような青紫色の花を咲かせます。園芸品種には、ピンク色や
白色、淡黄色もあります。別名で「るりぎく(瑠璃菊)」とも呼ばれま
す。
キク科ルリギク属の多年草で、学名は Stokesia laevis。
英名は Stokes' aster。
Stokes' aster belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb
that is native to south-east USA, from South Carolina to northern Florida,
west to Louisiana. This herb was introduced into Japan in the early Taisho
Era (about 90 years ago). It is the only species in the genus Stokesia. The
aster-like bluish-purple flowers come on the branched apices from June to
September. There are many cultivars with pink, white or pale yellow flower
colors.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中4] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[下] 岐阜県白川村荻町「白川郷」にて、2006年07月12日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp