ストレプトカーパス・デンティクラツス

Streptocarpus denticulatus

Streptocarpus denticulatus

南アフリカの東部、マプマランガ州のバーバートン地域に分布してい
ます。温帯林の林内に生え、高さは20センチほどになります。葉は
生涯を通じて一個しかなく、大きな長楕円形で縁には鋸歯がありま
す。夏、花茎を伸ばして集散花序をつけ、薄紫色の花を咲かせま
す。
イワタバコ科ストレプトカーパス属の多年草で、学名は Streptocarpus
denticulatus。英名はありません。
Streptocarpus denticulatus belongs to Gesneriaceae (African violet family).
It is a perennial herbacious plant that is endemic to Barbeton area in
Mpumalanga province, east of South Africa. This plant occurs in warm
forests and can reach about 20 cm in height. Leaf is single during its lifetime,
large oblong with toothed edges. In summer, violet flowers are seen in
cymes on the flower stalks.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp