ストロビランテス・ディエリアヌス

Strobilanthes dyerianus

Strobilanthes dyerianus

Strobilanthes dyerianus

Strobilanthes dyerianus

Strobilanthes dyerianus

Strobilanthes dyerianus

ビルマが原産です。高さは60〜90センチになります。葉は披針状
卵形で、表面には青色や藤色などの斑が入り、裏面は紅紫色です。
冬から春にかけて、紫色の筒状の花を咲かせます。別名で、「うらむ
らさき(裏紫)」とも呼ばれます。
キツネノマゴ科イセハナビ属の常緑小低木で、学名は Strobilanthes
dyerianus。英名は Persian shield。
Persian shield belongs to Acanthaceae (the Acanthus family). It is an
evergreen shrub that is native to Burma. This shrub can reach 60-90 cm in
height. The leaves are lanceolate-ovate with blue or lilac mottles and pale
magenta on the reverse sides. Purple tubular flowers come in winter to
spring.
[上・中1] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2009年02月21日撮影。
[中2] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中3・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年09月14日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp