ストローブまつ (ストローブ松)

Pinus strobus

Pinus strobus

Pinus strobus

Pinus strobus

Pinus strobus

Pinus strobus

Pinus strobus

カナダのニューファウンドランド州からマニトバ州、南はアメリカのジョ
ージア州にかけて分布しています。高さは30〜60メートルになり、
建築材や建具に利用されます。わが国でも北海道などの寒冷地に
植栽されています。樹皮は灰褐色で、樹齢が重なると鱗片状になり
ます。葉は5葉で光沢があり、5月ごろ花を咲かせます。球果は10
〜15センチです。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus strobus。
英名は White pine, Eastern white pine。
White pine (Pinus strobus) belongs to Pinaceae (the Pine family). It is a tall
evergreen tree that is distributed from Newfoundland to Manitoba of
Canada south to Georgia of United States. This tree can reach 30-60 m in
height. The timbers are used for architectures and furnitures. It is planted in
cold climates; Hokkaido of Japan. The barks are grayish-brown and turn
into scaly ridges when aged. The leaves are glossy and five per bundle. The
flowers bloom in May. The fruits are strobiles 10-15 cm long.
[上・中1〜2・下] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年01月25日撮影。
[中3〜中5] アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp