すずめのちゃひき (雀の茶挽)

Bromus japonicus

わが国の各地をはじめ、ユーラシア大陸に広く分布しています。現在
では北アメリカにも帰化しています。日当たりの良い道ばたや荒れ地
に生え、高さは30〜70センチになります。葉は線形で、全体に軟毛
が生えます。5月から7月ごろ、花茎を伸ばして円錐状の花序をだ
し、淡緑色の小穂をいっぱい下垂させます。名前は「カラスムギ(チャ
ヒキグサ)」に似て、小穂が小さいことから。
イネ科スズメノチャヒキ属の一年草で、学名は Bromus japonicus。
英名は Japanese chess, Japanese brome。
長野県松本市内田にて、2005年05月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp