すだじい (すだ椎)

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

Castanopsis sieboldii

わが国の本州、福島県以西から四国・九州、それに済州島に分布しています。おもに暖地の沿海の山地に生え、高さは30メートルほどになります。広楕円形の葉は互生し、裏は銀褐色(金色)をしています。5月から6月ごろ、穂状花序を上向きにつけます。堅果は円錐状卵形で、総苞につつまれています。10月ごろに熟し、しぶ抜きせずにそのまま炒って食べられます。材は建築材や器具材、椎茸の原木として利用されます。名前の由来は不明とのこと。 
ブナ科シイ属の常緑高木で、学名は Castanopsis sieboldii。
英名はありません。 
"Suda-jii" (Castanopsis sieboldii) belongs to the Fagaceae (the Beech family). It is a tall evergreen tree that is native from Fukushima prefecture west to Shikoku, Kyushu of Japan and the Jeju-do (southern Korea). This tree grows in the coastal mountains in warm climate and can reach about 30 m in height. The leaves are broad elliptic, alternate with silvery brown hairs on the reverse sides. The panicles are borne upward in May to June. The fruits are conical-ovate nuts covered with bracts. They ripen in October and edible without removing the astringency. The Timbers are used for architectures, furnitures or dead logs for Shiitake. 
[上・中1・中6] 静岡県南伊豆町伊浜「しいの木やま」にて、
2007年02月16日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中4] 同上にて、2006年05月06日撮影。
[中5] 神戸市灘区六甲山町「六甲山牧場」にて、
2002年09月08日撮影。
[中7] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。
[中8〜9・下] 茨城県かすみがうら市「雪入ふるさとの里公園」にて、2016年07月17日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp