すぎな (杉菜)

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

Equisetum arvense

わが国の各地をはじめ、北半球の暖温帯地域に広く分布しています。平地から山地にふつうに生え、高さは20〜40センチになります。地上茎には2形あり、栄養茎を「すぎな」、胞子茎は「つくし(土筆)」と呼ばれます。成熟すると茎の頭部から胞子を飛散させます。「つくし」の名前は、地中から天に向かって「突く」さまから。食べない地方もあるみたいですが、卵とじやお浸し、みそ汁に入れたりもします。
トクサ科トクサ属の夏緑性シダ類で、学名は Equisetum arvense。
英名は Field horsetail。
The Field horsetail (Equisetum arvense) belongs to the Equisetaceae (the Horsetail Family). It is a summer green fern that is distributed widely through Japan and temperate region of the Northern Hemisphere. This fern grows normally from flatlands to mountains and can reach 20-40 cm in height. The terrestrial stem has 2 forms, sterile or fertile stems. The fertile stems sparge cystoid spores when mature. The buds are eaten as a vegetable in Japan in springtime.
[上・中1] 大阪府八尾市大窪「生駒山」にて、2007年03月31日撮影。
[中2] 栃木県藤岡町「三毳山公園」にて、2008年03月29日撮影。
[中3・中4] 京都府京田辺市打田北谷にて、2006年04月18日撮影。
[中5] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 千葉県香取市府馬にて、2010年03月22日撮影。
[中8・中9] 同上にて、2011年03月27日撮影。
[中23] 同上にて、2016年04月03日撮影。(photo by Aya Seko)
[中10・中11] 千葉県香取市大角にて、2012年04月18日撮影。
[中12・中13] アメリカ・カリフォルニア州サウサリートにて、
2010年02月26日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中14・中15] 千葉県香取市仁良にて、2014年04月02日撮影。
[中16〜中18] 福島県いわき市遠野にて、2014年04月05日撮影。
[中19・中20] 山形県小国町小玉川にて、2015年04月24日撮影。(photo by Aya Seko)
[中21・中22] 同上にて、2015年05月04日撮影。
[中24〜27・下] 山形県小国町玉川中里にて、
2016年04月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp