すいば (酸葉)

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

Rumex acetosa

わが国の各地と北半球の温帯地域に広く分布しています。田んぼの畔や草地などにふつうに生え、高さは30〜80センチになります。根生葉は、長楕円形で長い葉柄があります。5月から8月ごろ、茎の上部に円錐花序をだし、赤みを帯びた小さな花を咲かせます。雌雄異株です。名前は、茎や葉にシュウ酸が含まれ噛むと酸っぱいことから。別名で「すかんぽ」とも呼ばれます。
タデ科ギシギシ属の多年草で、学名は Rumex acetosa。
英名は Sorrel。
Sorrel (Rumex acetosa) belongs to the family Polygonaceae (the Knotweed family). It is a perennial herb that is native to Japan and the temperate region of Northern Hemisphere. This herb grows in rice field linches or grasslands and can reach 30-80 cm in height. The basal leaves are oblong with long petioles. The panicles are borne on the stem apices and bloom reddish tinged small flowers from May to August. It is dioecious. The plant contains oxalic acid and has a sour taste.
[上・中1〜2・中8] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、
2008年05月17日撮影。
[中3] 長野県三水村赤塩にて、2004年05月02日撮影。
[中4] 奈良県御所市名柄にて、2002年04月28日撮影。
[中5〜中7] 茨城県神栖市日川にて、2008年05月14日撮影。
[中9] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中10〜中12] 埼玉県さいたま市「田島ヶ原」にて、
2010年04月11日撮影。
[中14・中15] 同上にて、2012年04月01日撮影。
[中13] スペイン・バレンシア県プソルにて、2012年03月25日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中16] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月16日撮影。
[中17] 茨城県常陸太田市徳田町にて、2013年01月27日撮影。
[中18〜19・下] 千葉県香取市田部にて、2014年04月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp