すいか (西瓜)

Citrullus lanatus

Citrullus lanatus

Citrullus lanatus

Citrullus lanatus

Citrullus lanatus

Citrullus lanatus

Citrullus lanatus

アフリカの中部あるいは南部が原産だと考えられています。古代エジ
プトでは4千年も前から栽培されていました。わが国へは江戸時代の
はじめに中国から渡来したといわれています。茎は蔓性で長く伸び、
葉は羽状に深裂し互生します。夏、葉腋に黄色い雄花と雌花を咲か
せます。果実はうり状果で、球形から長楕円形になります。内果皮が
赤色または黄色に熟し、食用になります。
ウリ科スイカ属の一年草で、学名は Citrullus lanatus。
英名は Watermelon。
Watermelon belongs to Cucurbitaceae (Gourd family). It is an annual herb
that is probably native to central or southern Africa. This herb had been
cultivated in Egypt before 4000 years ago. It was introduced into Japan via
China in early Edo Era (about 350 years ago). The stem is vine and
elongated. The leaves are divided into lobes pinnately and alternate. The
yellow flowers come in the axiles in summer. The fruits are globose to
oblong pepo. The inner endocarps ripen red or yellow and edible.
[上・中1〜3] 長野県波田町下原にて、2007年07月31日撮影。
[中4・中5] 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、
2006年08月01日撮影。
[下] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp