すみれ (菫)

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

Viola mandshurica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。人里近くの道端や堤防など、やや乾燥したところに生え、高さは7〜15センチになります。葉は卵状長楕円形で、葉柄には翼があります。4月から5月ごろ、濃紫色の花を咲かせます。側弁の基部には毛が生えます。名前は、大工さんの使う墨入れに花のかたちが似ていることから。花色や毛の有無には変異が大きいようです。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola mandshurica。
英名は Manchurian violet。
Manchurian violet (Viola mandshurica) belongs to the Violaceae (the Violet family). It is a perennial herb that is native to Japan, the Korean Peninsula and China. This herb grows in aridish roadsides or banks near town and it can reach 7-15 cm in height. The leaves are ovate-oblong with winged petioles. The dark purple flowers appear from April to May. The hairs bear on the bases of lateral petals. The flowers are highly variable in color and hairs.
[上・中1] 群馬県富士見村赤城山にて、2008年04月27日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市下田原「ふれあいの森」にて、
2006年11月04日撮影。
[中3・中4] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年05月10日撮影。
[中5・中6] 長野県松川村鼠穴にて、2006年05月10日撮影。
[中7] 長野県松本市内田「県林業総合センター」にて、
2005年05月22日撮影。
[中8] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[中9] 長野県大町市八坂「唐花見湿原」にて、
2006年05月10日撮影。
[中10] 群馬県嬬恋村門貝にて、2009年05月24日撮影。
[中11・中12] 山梨県甲州市大和町「湯ノ沢お花畑」にて、
2014年05月24日撮影。
[中13・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

BORDER="0" ALT="">