すもも (李)

Prunus salicina

Prunus salicina

Prunus salicina

Prunus salicina cv. Karari

Prunus salicina cv. Karari

Prunus salicina

Prunus salicina

Prunus salicina

Prunus salicina

Prunus salicina

Prunus salicina

中国南部の長江流域が原産だとされています。古くから栽培され、わが国へも奈良時代に渡来しました。高さは10メートルほどになります。3月下旬から4月ごろ、白い花を咲かせます。萼片は平開しますが、「あんず」のように反り返りません。果実は6月から7月に熟し、生食用や加工用に利用されます。名前は、「もも」よりも酸味が強いことから。写真中3・中4の品種は「からり(花螺李)」。 
バラ科サクラ属の落葉高木で、学名は Prunus salicina。
英名は Japanese plum。 
Japanese plum (Prunus salicina) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is considered native to along the Chang Jiang river of south China. This tree has been cultivated and was introduced into Japan in the Nara Era (about 1300 years ago). It can reach about 10 m in height. The white flowers come in late March to April and the sepals are spreading. The fruits ripen in June to July, and used for raw diets or processed foods. 
[上・中1〜2] 埼玉県秩父市「羊山公園」にて、
2010年04月03日撮影。
[中3・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月01日撮影。
[中5] 静岡県浜松市「浜松フルーツパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中6] 岐阜県中津川市「まごめ自然植物園」にて、
2007年04月12日撮影。
[中7〜9・下] 福島県会津若松市「鶴ヶ城公園」にて、
2016年07月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp