すおうちく (蘇芳竹)

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

Bambusa multiplex f. alphonso-karri

中国の南部から東南アジアに分布している「ほうらいちく(鳳来竹)」の変異種です。桿の高さは5メートルほどで株立状になります。桿の色が黄色く、緑色の縦縞があるのが特徴です。夏から冬にかけて、桿や葉鞘が赤色に変わります。別名で「しゅちく(朱竹)」とも呼ばれます。
イネ科ホウライチク属のタケ類で、学名は Bambusa multiplex f. alphonso-karri。英名はありません。
"Suo-chiku" (Bambusa multiplex f. alphonso-karri) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a variant form of Hedge bamboo which is native to southern China and south-east Asia. The culms are bushy, and can reach about 5 m in height. The culms have green stripes on a yellowish ground. The culms and leaf sheaths turn red from summer to winter.
[上・中1・中3] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年11月21日撮影。
[中2] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。
[中4〜6・下] 静岡県長泉町「富士竹類植物園」にて、
2012年08月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp