すいせんのう (酔仙翁)

Lychnis coronaria

Lychnis coronaria

Lychnis coronaria

Lychnis coronaria

Lychnis coronaria

Lychnis coronaria

ヨーロッパ南部から西アジア、北アフリカが原産です。丘陵の低木地
帯や岩礫地などに生え、高さは80〜120センチになります。ヨーロ
ッパでは過去数世紀にわたって栽培され、今では帰化しているところ
もあります。葉は披針形で対生します。6月から8月ごろ、紫紅色の
花を咲かせます。全体が白い細毛に被われているので「フランネル
そう(フランネル草)」とも呼ばれます。
ナデシコ科センノウ属の二年草で、学名は Lychnis coronaria。
英名は Rose campion, Mullein pink。
Rose campion belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is
a biennial herb that is native from southern Europe to West Asia and
northern Africa. This herb grows in hillside scrubs or rocky places and can
reach 80-120 cm in height. It has been cultivated in Europe from several
centuries ago, nowadays it is naturalized in so many places. The leaves are
lanceolate and opposite. The peach bloom flowers come in June to August.
The plant is covered with white minute hairs.
[上・中1] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、
2007年05月23日撮影。
[中2・中3] 岐阜県高山市国府町宇津江にて、
2005年06月26日撮影。
[中4・下] 千葉県香取市久保にて、2010年05月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp