すずめのてっぽう (雀の鉄砲)

Alopecurus aequalis var. amurensis

Alopecurus aequalis var. amurensis

Alopecurus aequalis var. amurensis

Alopecurus aequalis var. amurensis

Alopecurus aequalis var. amurensis

Alopecurus aequalis var. amurensis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、東シベリアに分布してい
ます。イネ科の代表的な雑草で、田んぼや畑にふつうに生え、高さ
は20〜40センチくらいになります。名前は、細長い円柱形の花
序を鉄砲に見立てたもの。「すずめのまくら(雀の枕)」や「やりくさ(槍
草)」といった別名があります。花期は4月から6月で、葯は淡黄色か
ら茶色に変化します。むかしは草笛にしていました。
イネ科スズメノテッポウ属の越年草で、学名は Alopecurus aequalis
var. amurensis。英名は Shortawn foxtail。
Shortawn foxtail belongs to Poaceae (Grass family). It is a biennial herb that
is distributed all over Japan, Korean Peninsula, China and eastern Siberia.
This common weed occurs in waste lowlands or dry fields and can reach
20-40 cm in height. The flower season is April to June, and the anthers turn
from pale yellow to brown. This herb is played at grass whistle in former
days.
[上・中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月12日撮影。
[中4・下] 群馬県吉井町多比良にて、2008年04月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp