すずめうり (雀瓜)

Melothria japonica

Melothria japonica

Melothria japonica

Melothria japonica

Melothria japonica

Melothria japonica

わが国の本州から四国・九州、それに済州島に分布しています。河原などのやや湿ったところに生え、巻きひげでよじ登ります。8月から9月ごろ、小さな白色の花を咲かせます。秋には1センチほどの球形の果実をつけます。名前は、「からすうり(烏瓜)」に比べて小さいことから、または果実がスズメの卵に似ていることからと言われています。
ウリ科スズメウリ属の一年草で、学名は Melothria japonica。
英名はありません。
"Suzume-uri" (Melothria japonica) belongs to the Cucurbitaceae (the Gourd family). It is an annual herb that is native westward from Honshu to Shikoku and Kyushu, also the Jeju-do (southern Korea). This herb grows on wettish places, such as riverbeds, and climbs up by the tendrils. The small white flowers bloom from August to September. The fruits are globose, about 1 cm across and borne in fall.
[上・中1・中3] 大阪府交野市私市にて、2003年10月16日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年09月10日撮影。
[中4・下] 千葉県香取市大角にて、2011年09月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp