すずらんのき (鈴蘭の木)

Zenobia pulverulenta

Zenobia pulverulenta

Zenobia pulverulenta

アメリカの南東部にあるバージニア州からジョージア州の海岸平野
に分布しています。一属一種です。湿った場所に生え、高さは50〜
180センチになります。葉は卵形から楕円形で、淡い青緑色、円鋸
歯があり、らせん状につきます。春の終わりごろ、白色のカップ形
で、甘い芳香のある花を咲かせます。
ツツジ科ゼノビア属の落葉または半常緑の小低木で、学名は
Zenobia pulverulenta。英名は Honeycup。
Honeycup (Zenobia pulverulenta) belongs to the Ericaceae (the Azalea
family). It is the sole species in the Zenobia genus. It is a deciduous or
semi-evergreen shrub that is native to the Coastal Plain of the southeastern
United States from Virginia to Georgia. This shrub grows in moist areas
and can reach 50-180 cm in height. The leaves are ovate to elliptic,
glaucous and arranged spirally with crenate margins. The white, cup-
shaped, sweetly scented flowers come in late spring.
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年06月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp