すずしろそう (清白草)

Arabis flagellosa

Arabis flagellosa

Arabis flagellosa

Arabis flagellosa

わが国の本州、近畿地方以西から四国・九州、沖縄それに中国東
部の江蘇省から江西省に分布しています。山地の谷沿いに生え、高
さは10〜25センチになります。根生葉はへら形から倒卵形、茎葉
は倒卵形から長楕円形で粗い鋸歯があります。4月から6月ごろ、茎
頂の総状花序に白い4弁花を咲かせます。名前は、花のかたちが
「ダイコン」に似ていることから。
アブラナ科ヤマハタザオ属の多年草で、学名は Arabis flagellosa。
英名はありません。
[上・下] 奈良県御所市関谷「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp