すずたけ (篶竹)

Sasamorpha borealis

Sasamorpha borealis

Sasamorpha borealis

Sasamorpha borealis

Sasamorpha borealis

わが国の北海道から本州、四国・九州のおもに太平洋側それに朝
鮮半島に分布しています。ブナ林などの林床に生え、桿の高さは2〜
3メートルになります。桿の直径は1センチほどで直立し、節からは1
個の枝がでます。桿は工芸品などに利用されます。水篶(美篶)刈る
信濃(科野)、この枕詞のみすずは「すずたけ」の異称です。
イネ科スズタケ属の常緑タケ類で、学名は Sasamorpha borealis。
英名はありません。
'Suzu-take' (Sasamorpha borealis) belongs to Poaceae (Grass family). It is
an evergreen shrubby bamboo that is native to Japan and Korean
Peninsula. This shrubby bamboo occurs in montane beech forests and can
reach 2-3 m in height. The stem is about 1 cm across and erect. One leaf is
borne at the nodes. The stem is used for artifacts.
[上・中1] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、
2006年02月10日撮影。
[中2〜3・下] 長野県岡谷市山下町にて、2009年04月29日撮影。
(photo by Takao Itoh)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp