スイートフェンネル (茴香)

Foeniculum vulgare var. dulce

Foeniculum vulgare var. dulce

Foeniculum vulgare var. dulce

Foeniculum vulgare var. dulce

Foeniculum vulgare var. dulce

ヨーロッパ南部から西アジアが原産です。古代エジプトでは、すでに
栽培が行われていたといいます。高さは1.5メートルほどになり、葉
は細かに裂けた羽状複葉です。8月から10月ごろ、かさのような複
散形花序に黄色い花を咲かせます。葉や種子は魚料理のハーブと
して利用されます。本種は「ういきょう(Foeniculum vulgare)」の栽培変
種です。
セリ科ウイキョウ属の多年草で、学名は Foeniculum vulgare var.
dulce。英名は Sweet fennel。
Sweet fennel belongs to Apiaceae (Carrot family). It is a perennial herb that
is native from southern Europe to West Asia. This herb was cultivated in
Ancient Egypt. This herb can reach about 1.5 m in height. The leaves are
pinnate compound with finely-filamented lobes. The yellow flowers come in
the compound umbels in August to October. The leaves and seeds are used
for fish dishes. This species is a cultivated variety of fennel (Foeniculum
vulgare).
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中2] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp