スイートピー

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

Lathyrus odoratus

レンリソウ属は、地中海沿岸を中心に110種ほどが分布しています。本種はシチリア島が原産です。蔓性で、長さは3〜4メートルにもなります。イギリスで品種改良が行われ、わが国へは明治時代に渡来しました。夏咲き系や冬咲き系があり、花色も豊富です。別名で、「かおりえんどう(香豌豆)」とか「じゃこうれんりそう(麝香連理草)」と呼ばれます。 
マメ科レンリソウ属の一年草で、学名は Lathyrus odoratus。
英名は Sweet pea。 
The Lathyrus genus belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is distributed mainly in the coastal areas of Mediterranian Sea about 110 species. Sweet pea is an annual herb that is native to Sicilia. This herb is a vine and can reach 3-4 m long. It had been breeded in England and introduced into Japan in Meiji Era (about 120 years ago). There are summur-blooming and winter-blooming ancestries, and many flower colors. 
[上・中1〜3] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年05月03日撮影。
[中6〜中8] 同上にて、2009年05月22日撮影。
[中9] 千葉県香取市大角にて、2011年05月02日撮影。
[中10・下] 同上にて、2011年05月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp