シンブルベリー [Index] [Back]

Rubus parviflorus

Rubus parviflorus

Rubus parviflorus

Rubus parviflorus

北アメリカの西部と北部、それに五大湖周辺に分布しています。森林の開墾地や道ばたなどに生え、高さは2.5メートル以上になります。全体に棘がありません。葉は掌状に5分裂します。春から初夏にかけて、白色の花を咲かせます。果実は、多くの小核果の集合果で食用になり、真夏から夏の終わりにかけて鮮やかな赤色に熟します。
バラ科キイチゴ属の落葉小低木で、学名は Rubus parviflorus。
英名は Thimbleberry。
Thimbleberry (Rubus parviflorus) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous shrub that is native to western and northern North America, and the Great Lakes region. This shrub grows in forest clearings, and along roadsides, and it can reach up to 2.5 m in heght. It has no prickles. The leaves are palmate with five lobes. The white flowers bloom in spring through early summer. The fruits are edible aggregate of numerous drupelets, and ripen to a bright red in mid to late summer.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp