ぜにあおい (銭葵)

Malva sylvestris var. mauritiana

Malva sylvestris var. mauritiana

Malva sylvestris var. mauritiana

Malva sylvestris var. mauritiana

Malva sylvestris var. mauritiana

西南アジアから南ヨ−ロッパが原産です。わが国へは江戸時代に観賞用として渡来しました。いまでは各地に野生化しています。高さは60〜90センチになり、円形の葉は互生して5〜9浅裂します。5月から6月ごろ、淡い紫色の花を咲かせます。ハート形の花弁に紫色の脈が走ります。花はハーブティーに利用されます。 
アオイ科アオイ属の多年草で、学名は Malva sylvestris var. mauritiana。英名は Mallow。 
The Mallow (Malva sylvestris var. mauritiana) belongs to the family Malvaceae (the Mallow family). It is a perennial herb that is native to south-western Asia and southern Europe. This herb was introduced as an ornamental plant into Japan in Edo Era (about 250 years go). It is naturalized in so many places of Japan now a days. It can reach 60-90 cm in height. The leaves are round, alternate and divided into 5-9 lobes. The pale purple flowers come in May to June. The heart-shaped petals have purple veins. Thy are used as a herbal tea. 
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[下] ギリシャ・フィリッピにて、2014年09月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp