ぜんまい (薇)

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

Osmunda japonica

わが国の各地をはじめ、台湾や朝鮮半島、中国それにヒマラヤ地方に分布しています。山地のやや湿ったところに生え、高さは50〜100センチになります。芽ぶきは4月から6月ごろで、芽ぶいたばかりの幼葉は全体が白い綿毛で被われています。この若芽が食用になります。名前は「銭巻き」に由来し、渦巻き状のかたちを「銭」にたとえたものです。
ゼンマイ科ゼンマイ属の夏緑性シダ類で、学名は Osmunda japonica。英名は Zenmai。
Zenmai (Osmunda japonica) belongs to the Osmundaceae (the Osmund fern family). It is a summer-green fern that is native to all over Japan, Taiwan, the Korean Peninsula, China and around the Himalaya. This fern grows in mountain wettish places and can reach 50-100 cm in height. The sterile fronds are borne from April to June. The young sterile fronds are covered with white wooly hairs. They are used as food.
[上・中1] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中2〜中4] 大阪府高槻市田能「高槻花しょうぶ園」にて、
2006年04月26日撮影。
[中5・中6] 群馬県渋川市伊香保にて、2010年05月16日撮影。
[中7・中8] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月13日撮影。
[中9・中10] 同上にて、2012年04月16日撮影。
[中12・中13] 同上にて、2012年05月19日撮影。
[中11] 千葉県香取市田部にて、2012年04月25日撮影。
[中20〜中22] 同上にて、2016年04月22日撮影。
[中14・中15] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月03日撮影。
[中18・中19] 同上にて、2015年05月24日撮影。
[中16・中17] 山形県小国町「樽口峠」にて、2015年05月04日撮影。
[中23・下] 山形県小国町大石沢にて、2016年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp