ゼフィランサス・カリナタ [Index] [Back]

Zephyranthes carinata

Zephyranthes carinata

Zephyranthes carinata

Zephyranthes carinata

Zephyranthes carinata

中央アメリカから西インド諸島が原産です。わが国へは江戸時代の終わりに渡来しました。草原に生え、高さは15〜20センチになります。葉は扁平なひも状です。6月から9月ごろ、花茎を伸ばしてピンク色の花を咲かせます。花は1〜3日ほど咲き続けます。雨が降ったあとに開花することが多く、「レインリリー」とも呼ばれます。和名では「サフランもどき(サフラン擬き)」です。
ユリ科タマスダレ属の多年草で、学名は Zephyranthes carinata (syn. Zephyranthes grandiflora)。英名は Pink rain lily。
Pink rain lily (Zephyranthes carinata) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the Central America and the West Indies. It is introduced into Japan in the last days of Edo Era (about 160 years ago). This herb grows in grasslands and can reach 15-20 cm in height. The leaves are flat corded. The flowering stalks are borne and the pink flowers bloom from June to September. The flowers remain to bloom 1-3 days. They often bloom after rain, the common name is derived from that.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2003年09月28日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 沖縄県うるま市にて、2016年09月12日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp