ゼフィランサス・ロブスツス [Index] [Back]

Zephyranthes robustus

メキシコからコロンビア、グアテマラが原産です。花は一重の薄バラ色、黄色い雄しべと白色の咽があります。ひとつの開花期に何度か見ることができ、とくに雨が降った後にです。メインの時期は、ふつう8月から9月です。 
ユリ科タマスダレ属の多年草で、学名は Zephyranthes robustus。
英名は Argentine rain lily。 
Argentine rain lily (Zephyranthes robustus) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Mexico, Colombia and Guatemala. The flowers are single rose pink with yellow stamens and white throat, and appear several times a season, especially after a rain. The main show, which is generally in August to September. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp