ジジア・アウレア [Index] [Back]

Zizia aurea

Zizia aurea

北アメリカの東部、カナダのニューブランズウィック州からサスカチュアン州、南にアメリカのフロリダ州とテキサス州に分布しています。湿り気のあるプレーリーや森林、サバンナ、やぶなどに生え、高さは40〜75センチになります。葉は奇数羽状複葉で、3〜5個の披針形または卵形の小葉があります。5月から6月ごろ、複散形状花序に小さな黄色い花を咲かせます。果実は長楕円形の痩果で、秋に紫色に熟します。 
セリ科ジジア属の多年草で、学名は Zizia aurea。
英名は Golden alexander。 
Golden alexander (Zizia aurea) belongs to the Apiaceae (the Carrot family). It is a perennial herb that is native to eastern North America; from New Brunswick to Saskatchewan in Canada, south to Florida and Texas in the United States. This herb grows in moist prairies, woodlands, savannas and thickets, and it can reach 40-75 cm in height. The leaves are odd-pinnate compound with 3-5 lanceolate or ovate leaflets. The tiny yellow flowes bloom in the compound umbels from May to June. The fruits are oblong capsules and ripen purple in fall. 
アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、2016年05月22日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp