ぞうこんにゃく (象蒟蒻)

Amorphophallus paeoniifolius

Amorphophallus paeoniifolius

Amorphophallus paeoniifolius

Amorphophallus paeoniifolius

Amorphophallus paeoniifolius

インドから東南アジア、パプアニューギニアに分布しています。半日
陰の林内などに生え、高さは1〜2メートルになります。塊茎から1個
の葉柄を伸ばし、大きな羽状葉をつけます。褐色で漏斗形の仏炎苞
に包まれた肉穂花序をだします。ゾウの足に似た塊茎にはデンプン
が含まれ、若い葉柄は茹でて食用にされます。
サトイモ科コンニャク属の多年草で、学名は Amorphophallus
paeoniifolius (syn. A. campanulatus)。英名は Elephant yam, Elephant-foot
yam。
Elephant yam belongs to Araceae (Arum Family). It is a perennial herb that
is distributed in India to Southeast Asia and Papua New Guinea. This herb
occurs in semi-shade places of woodlands and can reach 1-2 m in height.
The tuber sends out a leaf stalk with large pinnate leaf. The terminal spadix
is covered with brown funnel-shaped spathe. The tuber is elephant's foot
like and contains starch. The young stalks are used for boiled greens.
[上・中1〜2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月29日撮影。
[中3・下] インド・アッサム州ソーニトプル(Sonitpur)県テーズプル
(Tezpur)にて、2007年06月06日撮影。(photo by Jyoti Saikia)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp