ずだやくしゅ (喘息薬種)

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

Tiarella polyphylla

わが国の北海道から本州、四国に分布しています。山地帯から亜高山帯のやや湿った林内に生え、高さは20〜40センチほどになります。茎は直立し、葉柄とともに腺毛に被われています。葉は心円形で浅く5裂します。5月から7月ごろ、総状花序をだして小さな白い花を咲かせます。花弁は針状で、花のように見えるのは萼片です。果実は刮ハで、長短2個の舟形の心皮に包まれます。名前は、信州弁で喘息のことを「ずだ」といい、この植物が民間薬として使われたからだそうです。
ユキノシタ科ズダヤクシュ属の多年草で、学名は Tiarella polyphylla。英名はありません。
"Zuda-yakushu" (Tiarella polyphylla) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to Hokkaido, Honshu and Shikoku of Japan. This herb grows in montane to sub-alpine wettish forests and can reach 20-40 cm in height. The stem is erect and covered with glandular hairs, together with petioles. The leaves are cordate-round and divided into five lobes shallowly. The racemes are borne and the small white flowers bloom from May to July. The petals are needle-like and the sepals are petaloid. The fruits are capsules and covered with two short and long, boat-shaped carpels. The plant was used as a herbal medicine in Japan.
[上・中1] 群馬県片品村東小川にて、2010年06月27日撮影。
[中2・中3] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月11日撮影。
[中4] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月01日撮影。
[中5] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2006年08月02日撮影。
[中6] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、2012年06月10日撮影。
[中7〜中10] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中11〜中13] 福島市町庭坂「家形山」にて、
2014年07月05日撮影。
[中14] 秋田県東成瀬村にて、2015年06月21日撮影。
(photo by Aya Seko)
[中15〜17・下] 同上にて、2015年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp