ずみ (酸実)

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

Malus toringo

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。山野に生え、高さは10メートルほどになります。小枝は堅く、しばしば棘に変わります。葉は楕円形で互生しますが、長枝の葉は3〜5裂するものがあります。また若葉の出始めは2つ折りです。4月から6月ごろ、枝先の散形花序に白い花を咲かせます。つぼみの頃は紅色です。花柱はふつう3個、雄しべは多数あります。樹皮からは染料が採れ、その「染(そみ)」が名前の由来です。果実は球形で、9月から10月ごろに橙赤色に熟します。別名で「こりんご(小林檎)」とも呼ばれます。
バラ科リンゴ属の落葉小高木で、学名は Malus toringo。
英名はありません。
"Zumi" (Malus toringo) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall decidous tree that is native to Japan and the Korean Peninsula. This tree grows in hills and fields, and can reach about 10 m in height. The twigs are hard and often turn into spines. The leaves are elliptic and alternate, though they sometimes divided into 3-5 lobes. The browses are twofold when come out in foliation. The white flowers bloom in umbels from April to June. The young buds are tinged rose-pink. The flower has three styles and numerous stamens. The bark are used for dyewood. The fruits are pomes and ripen in orange-red from September to October.
[上・中1] 栃木県日光市湯元「金精峠」にて、2010年06月27日撮影。
[中2・中5・中7] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中3] 長野県塩尻市片丘東山にて、2005年05月22日撮影。
[中4] 岐阜県高山市清見町夏厩「小鳥峠」にて、
2006年06月01日撮影。
[中6] 長野県大町市八坂「唐花見湿原」にて、
2006年06月02日撮影。
[中8・中9] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。
[中10] 群馬県富士見村「覚満淵」にて、2010年10月02日撮影。
[中11] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年10月22日撮影。
[中12・中13] 福島県昭和村「駒止湿原」にて、
2012年08月26日撮影。
[中14〜中17] 長野県茅野市北山にて、2014年05月04日撮影。
[中18〜中21] 福島県北塩原村「雄国沼」にて、
2014年06月15日撮影。
[中22〜23・下] 群馬県片品村「尾瀬ヶ原」にて、
2015年07月05日撮影

Shu Suehiro
shu@botanic.jp