ジゴペタルム

Zygopetalum cv.

Zygopetalum cv.

Zygopetalum cv.

ジゴペタルム属は、南アメリカから中央アメリカに40種ほどが分布し
ています。着生または地生する「らん」です。卵形の偽鱗茎に、2〜数
個の革質の葉がつきます。偽鱗茎の基部から花茎を伸ばして、芳香
のある花を咲かせます。改良交配も進み、さまざまな園芸品種があ
ります。
ラン科ジゴペタルム属の常緑多年草で、学名は Zygopetalum (属の総
称)。英名は Zygopetalum。
Zygopetalum belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is a genus of about
40 species of evergreen perennial herb that is distributed from South
America to Central America. This orchid is an epiphyte or terrestrial. The
pseudo-bulbs are ovate and come into 2-several leathery leaves. The
flowering stalks are borne on the base of bulbs and bloom fragrant flowers.
Many cultivars have been breeded.
[上・中] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2004年04月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp