ちゃんちんもどき (香椿擬き)

Choerospondias axillaris

Choerospondias axillaris

Choerospondias axillaris

Choerospondias axillaris

Choerospondias axillaris

Choerospondias axillaris

中国からヒマラヤ周辺に分布しています。わが国でも九州の一部の
山地に見られます。雌雄異株です。高さは25メートルほどになり、葉
は奇数羽状複葉で互生します。5月ごろ、枝先に円錐花序をつけ、
小さな赤褐色の花を咲かせます。果実は秋に黄白色に熟しますが、
甘酸っぱくて食用になります。名前は、葉がセンダン科の「ちゃんち
ん」に似ていることから。
ウルシ科チャンチンモドキ属の落葉高木で、学名は Choerospondias
axillaris。英名は Nepalese hog plum。
Nepalese hog plum belongs to Anacardiaceae (Sumac family). It is a
deciduous tall tree that is native to around the Himalaya. This tree also
occurs in local mountains of Kyushu, Japan. It is dioecious. It can reach
about 25 m in height, the leaves are odd-pinnate compound and alternate.
The terminal panicles are borne and bloom small reddish-browm flowers in
May. The fruits ripen yellowish-white in fall and have sweet and sour flavor,
edible.
[上・中4・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2006年05月12日撮影。
[中3] 同上にて、2003年10月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp