ちゃしょうぶ (茶菖蒲)

Iris fulva

Iris fulva

Iris fulva

アメリカのミシシッピー川の下流域におもに分布しています。沼沢地
や河川、水路などに生え、高さは60〜90センチになります。葉は剣
状広線形で、冬期には落葉します。5月から6月ごろ、赤茶色の花を
咲かせます。外花被片は3個で垂れ下がり、基部には靴べらのよう
な付属物があります。3個の内花被片も比較的大きく、やや狭いくら
いです。園芸品種の「ルイジアナアイリス」の母種となっています。
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris fulva。
英名は Copper iris, Red iris。
Copper iris belongs to Iridaceae (Iris family). It is also called Red iris. It is a
perennial herb that is native to the lower reach of Mississippi. This herb
occurs in swamps, streams or ditches and can reach 60-90 cm in height.
The leaves are sword broad-linear and defoliate in winter. The reddish-
brown flowers come in May to June. The 3 outer tepals are drooping with
shoehorn-like appendixes at the bases. The 3 inner tepals are relatively
large and narrower than outer ones. Copper iris is a host species of cultivar
'Louisiana iris'.
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[下] 同上にて、2007年05月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp