ちゃんちん (香椿)

Cedrela sinensis

Cedrela sinensis

Cedrela sinensis

Cedrela sinensis cv. Flamingo

Cedrela sinensis

Cedrela sinensis

Cedrela sinensis

中国の東北部から朝鮮半島、台湾に分布しています。わが国へは江戸時代に渡来しました。樹皮は暗褐色で、高さは9〜12メートルになります。葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は卵形または長楕円形をしています。展開したばかりの葉は、赤色または黄色です。6月から7月ごろ、枝先の円錐花序に白い花を咲かせます。写真中3は園芸品種の「フラミンゴ(cv. Flamingo)」。 
センダン科チャンチン属の落葉高木で、学名は Cedrela sinensis。
英名は Chinese toom。 
Chinese toom (Cedrela sinensis) belongs to the Meliaceae (the Mahogany family). It is a tall deciduous tree that is native from northeastern China to the Korean Peninsula and Taiwan. t was introduced into Japan in the day of Edo Era (about 250 years ago). The bark is dark brown and the trunk grows 9-12 m in height. The leaves are imparipinnate and alternate with ovate to oblong leaflets. The leaves are red or yellow as the foliage emerges. The white flowers bloom in the terminal panicles from June to July. The 3rd photo is a cultivar 'Flamingo'. 
[上・中1・中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。
[下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、2015年02月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp