チェッカーベリー (姫柑子)

Gaultheria procumbens

Gaultheria procumbens

Gaultheria procumbens

Gaultheria procumbens

Gaultheria procumbens

Gaultheria procumbens

Gaultheria procumbens

北アメリカの東部に分布しています。高さは15センチほどですが、細い茎が叢生して広がります。葉は楕円形から楕円状倒卵形で、光沢のある濃緑色です。夏、葉腋に白色から淡いピンク色の壺形の花を咲かせます。果実は球形で真っ赤に熟し、晩春まで残ります。食用にもなりますが、不味いという評価です。和名では「ひめこうじ(姫柑子)」と呼ばれます。
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木で、学名は Gaultheria procumbens。英名は Checkerberry、Wintergreen。
Checkerberry (Gaultheria procumbens) belongs to the family Ericaceae (the Azalea family). It is an evergreen shrub that is native to the eastern North America. The slender stems are clumping, sprawling and can reach about 15 cm in height. The leaves are elliptic to elliptic-obovate, glossy and dark green. The white to pale pink, urn-shaped flowers bloom at the axils in summer. The fruits are round, ripen bright red and remain until late spring. They are edible, though they are not taste good.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中3・中4] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp