チャービル (茴香芹)

Anthriscus cerefolium

Anthriscus cerefolium

Anthriscus cerefolium

Anthriscus cerefolium

ヨーロッパ南東部から西アジアが原産です。堤防や道ばた、湿り気
のあるところなどに生え、高さは30〜50センチになります。茎は中
空でわずかに分枝し、葉は羽状複葉で小葉は深く切れ込みます。6
月から7月ごろ、複散形花序をだし、小さな白い花を咲かせます。別
名で「セルフィーユ(Cerfeuil)」とも呼ばれ、甘い香りと風味のある葉
はサラダやオムレツ、菓子の飾りなどに使われます。和名では「うい
きょうぜり(茴香芹)」。
セリ科シャク属の一年草で、学名は Anthriscus cerefolium。
英名は Chervil。
Chervil (Anthriscus cerefolium) belongs to Apiaceae (Carrot family). It is an
annual herb that is native to southeastern Europe and West Asia. This herb
occurs in banks, roadsides or wet places and can reach 30-50 cm in
height. The stem is mid air and little branched. The leaves are pinnate
compound and the leaflets are partite. The compound umbels are borne
and bloom small white flowers from June to July. The leaves have a sweet
flavor and used for salad, omelet or decor of cake.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中2・下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp