チコリ (菊苦菜)

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

ヨーロッパの北部が原産です。石灰岩質の草地や耕作地に生え、高さは50〜150センチほどになります。古くから野菜として栽培され、現在ではユーラシアや北アメリカにまで広く帰化しています。若い葉はサラダ、花はサラダや砂糖漬け、つぼみはピクルスそして根は焙煎して「チコリコーヒー」に利用されます。7月から10月ごろ、淡いブルーの花を咲かせます。半日花です。和名では「きくにがな(菊苦菜)」と呼ばれます。 
キク科キクニガナ属の多年草で、学名は Cichorium intybus。
英名は Chicory。 
The Chicory (Cichorium intybus) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to nothern Europe. This herb grows on calcareous grasslands or agricultural areas, and it can reach 50-150 cm in height. Since the ancient days it has been cultivated as a vegetable, and it is naturalized widely in Eurasia and North America. The young leaves are used raw in salads, the flowers are used for salads and confiture, the buds are used as pickled, and the roots are roasted as a "Chicory coffee". The pale blue flowers bloom from July to October. Their blooms last only half day. 
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年11月21日撮影。
[中2] 千葉県香取市大角にて、2011年11月09日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2012年09月14日撮影。
[中5] 同上にて、2013年05月30日撮影。
[下] ギリシャ・フィリッピにて、2014年09月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp