チオノドクサ・ギガンテア

Chionodoxa gigantea

Chionodoxa gigantea cv. Blue Giant

Chionodoxa gigantea cv. Blue Giant

Chionodoxa gigantea

Chionodoxa gigantea

地中海の東岸から小アジアが原産のルキリアエ種(Chionodoxa
luciliae)の園芸品種です。野生種ではなく、大輪の個体を選別したも
のと考えられています。3月から4月ごろ、直径4センチほどの青色
やピンク色の花を咲かせます。写真中1・2の品種は、「ブルージャイ
アント(cv. Blue Giant)」。
ユリ科チオノドクサ属の多年草で、学名は Chionodoxa gigantea。
英名はありません。
Chionodoxa gigantea belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a
cultivar group of Chionodoxa luciliae that is native to the eastern
Mediterranean region and Asia Minor. This group is considered cultivated
varieties which selected large-flowered individuals. The flowers are blue or
pink, about 4 cm across, and bloom from March to April. The 2nd and 3rd
photos are a cultivar 'Blue Giant'.
[上] 群馬県太田市「アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン」
にて、2009年03月28日撮影。
[中1・中2] 長野市松代町温泉団地にて、2004年04月09日撮影。
[中3・下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp